癒しブログ。

癒し日記です。

所さんお届けモノです 「日本最大の本陣で交わる中山道と東海道――新選組も宿泊した歴史めぐり」

所さんお届けモノです!中山道の69の宿場町をめぐる旅★ついに完全制覇へ!

2019年5月5日放送  TBS
田中卓志(アンガールズ) 所ジョージ 新井恵理那 ビビる大木

【中山道の旅②】中山道の合流地点にある日本最大の本陣に泊まろう! こんにちは、皆さん。
前回に引き続き、中山道の旅の最後の宿場町をご紹介していきます。
今回は、中山道と東海道の合流地点に位置する守山宿と草津宿です。

さっそく、その魅力を探ってみましょう! [emoji:040] 守山宿:歴史を感じる美しい町並みと「ニッキ大福」の名物 守山宿に到着しました。
ここは、歴史を感じさせる美しい町並みが広がっています。
お店に足を踏み入れると、古き良き時代の雰囲気が漂っています。

名物といえば、「ニッキ大福」。
おいしいお福さまをいただきましたチャンカワイさんによれば、ニッキ大福の中でも特に人気があるのは、生パイン大福だそうです。
甘酸っぱいパインの風味ともちもちした食感が絶妙で、たくさんの人々に愛されているようですね。

一方、所さんはフルーツ大福が苦手とのこと。
好みは人それぞれですね!それぞれの個性が生み出す名物を、ぜひ味わってみてください。
草津宿:合流地点にある史跡草津宿本陣 次に訪れたのは、草津宿です。

ここは、中山道と東海道が合流する地点でもあります。
合流地点には、なんと史跡草津宿本陣があります! 草津宿本陣は、館長に案内していただきましたが、その広さに驚かされました。
なんと、1300坪もあるそうです!宿泊人数も90名にも及び、江戸時代の格式ある宿場町の様子を垣間見ることができます。

この本陣には、さまざまな著名人が宿泊した痕跡が残っています。
例えば、鳥取藩主や松江藩主などの歴史的な人物の宿泊記録が残っているそうです。
そして、驚くことに、新選組のメンバーたちも宿泊していたそうです。

浅野内匠頭や吉良上野介の名前も宿帳に記されており、忠臣蔵の事件の2年前に宿泊していたとのことです。
歴史的なエピソードに思いを馳せながら、本陣を巡るのもいいでしょう。
最後に、200合炊きの釜も見学しました。

当時の宿場町で提供される食事をイメージすると、風情が感じられますね。
中山道を巡る旅もいよいよ完結編となりました。
これまで66の宿場町を歩き、史跡や名物を楽しんできましたが、いかがでしたでしょうか? この旅の魅力は、歩きながら日本の歴史や文化に触れることができる点にあります。

ぜひ、自分の足で実際に中山道の道を歩いてみてください。
懐かしい風景や出会いが、きっと心に残ることでしょう。
さあ、次はどんな旅にでかけましょうか?それでは、またお会いしましょう![emoji:B60] \\ ありがとうございました // [emoji:040][emoji:B60]